RECENT ARTICLES

TUP速報1002号 英国EU離脱とトランプの次に起こることは? 歴史の教訓から考える

(2016年12月20日)

◎排外主義とポピュリズムの行き着く先を歴史的視点で考えると?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年は、イギリスそして米国で、政治的に激動の年になりました。いずれも、世論調査の予想を裏切る衝撃的な投票結果が出て、今後の政治が今までと大きく異なる方向、おそらくは内外の大多数の市民にとって歓迎せざる方向に、動いていくことになると懸念されます。

まず、英国では、6月に欧州連合(EU)からの脱退を問う国民投票が実施され、僅差ながら欧州離脱派が勝利を収めました。その結果、12月現在、欧州離脱(Britainとexitをかけて、Brexit(ブレキジット)と呼ばれる)に向けて、英国は舵を切り始めています。

一方、米国では、現オバマ大統領の任期満了に伴い11月に実施された大統領選にて、これも僅差ながら共和党のトランプ大統領の誕生が決まりました。トランプ氏は、選挙戦当初から、排外主義を前面に出し、人種、性別、宗教に基づく露骨な差別発言を行って、物議を醸してきました。大統領選の結果が出た直後、ドイツのメルケル首相やスコットランドのスタージョン第一閣僚らが、トランプ次期大統領に対して、人種差別は決して許容できない、と釘を刺す声明を発表しました。就任前の米国大統領に対する他の先進国の首脳の発言としては極めて異例のことです。世界市民の懸案を代弁したと言ってもよいでしょう。

英国の欧州離脱が決まって間もない頃、英国の歴史家のトビアス・ストーンが、人類の歴史的な視点から英米の現在の世情を考察し、今後どういうことが起こり得るかまとめた論説を発表しました。トランプ氏はすでに共和党の正式な大統領選候補に確定していて、過激な発言にもかかわらず(過激な発言だからかも知れませんが)、アメリカ市民の支持を拡大していて、すでに世界の注目を集めていた時期です。当時、同論説は英国のSNS(ソーシャルメディア)上で、特に英国のEU離脱を憂える人々の間で、それなりに広く回覧されたものでした。その後、11月の米国大統領選の衝撃の結果が出てトランプ氏の次期大統領が確定したのを受けて、同氏の論説がまたSNS上で脚光を浴びることになりました。

英国のEU残留・離脱の議論の中で、離脱派の傾向を表す概念の一つが反知性主義です。トランプ支持派にも共通します。もし論理的に考えて予測するならば、離脱派市民の大半は、実際にEU離脱した時に直接間接に被害を被ることはほぼ明らかでした。政治経済の専門家もほぼ全員口を揃えてそう訴えていたように。トランプ支持派も同様でしょう。実際、投票後、結果が出た少し後になって、その意味と自分の生活に与える影響を理解して恐れ戦く人の数々が報道されました。多くの人々を非論理的な投票行動に駆り立てるのに、反知性主義は都合のよい概念だったことは疑いありません。実際、警告する専門家の声はおしなべて無視されたわけですから。

歴史家ストーンの論説は、その対極にあると言えます。同論説では、過去の事実の深い造詣とそこから結論を論理的に演繹する知性とが光ります。英国内で、EU離脱派の虚飾と非論理的主張にうんざりしていた人々には、ストーンの論説はとくに光って見えたことでしょう。

このストーンの「予言」は背筋を寒からしめるものがあります。実はストーン自身、今後の進行の一例は出しているものの、それはあくまで想像をたくましくしての一例に過ぎず、現実に具体的に何が起こるかは分からない、とはっきり明言しています。しかし、物事がどう進行するにせよ、と断った上で、氏の結論は、ほぼ諦念とも呼べる悲観的なものになっています。深い教養と知性とに基づく見解であることが明らかなだけに、説得力が感じられます。
加えて、米国大統領選の結果が出た後の現実の状況は、大統領選のはるか前に発表された氏の論説を、結果的に裏付けるものになっているとも言えそうです。大統領選の後にこの論説が再度脚光を浴びたのも頷けます。

排外主義が跋扈しているのは、何も英米に限ったことではありません。改憲も視野に入っている安倍政権下の日本、難民受入れを事実上拒絶して、また近隣諸国への憎悪と軽蔑とを煽る勢力が力を得ている日本は、人ごとではないでしょう。温故知新、人の振り見て我が振り直せ、が古人の智慧ならば、今こそそのよい機会かも知れません。

以下、TUPから、トビアス・ストーンによる、英米の現状を歴史的視点から考察して未来予測する同論説の邦訳をお送りします。

坂野正明/TUP(前書き)、キム・クンミ/TUP(本文訳)

本文を読む

TUP速報1001号 サンダーズ、かく戦えり:米大統領選、 グラスルーツの道しるべと展望

(2016年11月04日)

◎米国史の底辺を貫く市民抵抗運動の系譜を背負った戦い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
米大統領選挙が11月8日に迫っています。民主党大統領候補指名を争ったバーニー・サンダーズ上院議員が米国の権力構造とどう戦ったか。
月刊『世界』2016年10月号掲載の記事を配信します。

(記事:宮前ゆかり/TUP)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本文を読む

TUP速報1000号 英国国会における若き議員の反核演説

(2016年08月04日)

 
◎祖父母と親の世代に核ミサイルの愚を説く熱弁
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原爆71周年を迎えるにあたり、核兵器保有国の足下で行われた、若き国会議員による反核演説をご紹介します。 2003年、日本政府も支持した米英イラク侵攻の時期に発足したTUPの第1000号の速報になります。

▽EU国民投票から下院における核兵器更新議論までの流れ

国民投票によって英国のEU離脱が決まった数時間後、残留派を率いた与党保守党のキャメロン首相が、任期4年弱を残してスピード辞任。「潔い引き際」との評価もある一方で、離脱に決定した場合のプランが何も用意されていなかったことなどから、後に続く大混乱を収拾する重責を放棄したとの批判も少な くありません。この辞任劇には、イートン校時代からの盟友であったにもかかわらず、離脱派の旗振り役を担って自分を窮地に陥れたボリス・ジョンソン議員 (保守党、元ロンドン市長、現外務大臣)への意趣返しの側面もあったとも言われています。

その後に続く、出来の悪い政治風刺ドラマのような保守党内のスッタモンダについては詳細を省きますが、結果的に、当初は秋に見込まれていた次期党首 選が流れて、キャメロン内閣の内務大臣だったテリーザ・メイに、保守党党首および首相の座が禅譲されました。以下にご紹介する翻訳稿は、メイが首相として初めての議会での議題に選んだ「トライデント(潜水艦搭載核兵器)更新」に関する討論におけるものです。

この議題は、5月の地方議会選と6月のEU国民投票の間に行われた、キャメロン内閣の今国会における所信表明(*)に含まれていたものの一つですが、数ある議題の中からメイ首相が最初の議題にこれを選んだのには理由があります。
(注*) 公式名称は「女王の演説」、首相官邸が用意した原稿を女王が上院で代読する。2016年「女王の演説」全文はこちらで読める

第1に、トライデント更新に関して保守党議員の立場は一致しており、EU国民投票で残留と離脱に分かれて激しく争った議員を(少なくとも、形だけでも)一つにまとめることが可能になるため。この日の議決でも、更新反対に票を投じた保守党議員は1名だけでした。

第2に、公式野党(#)で ある労働党で表面化していた内紛、つまり党首と他の多くの同党議員との亀裂の深さを、衆人環視の議会で明確にする狙いがあったと見られています。現労働党 党首のジェレミー・コービンは一方的核放棄を生涯の信条とすることで知られていますが、彼が党首になるまでの労働党はトライデント更新に賛成の立場であり、昨秋の党大会でコービンが望んだ再検討が叶わなかったことから、党としては今も更新賛成という捩じれた構造になっています。
(注#) 野党第1党には、議会での議論の質を高めるために「公式野党」予算が配分されている。

核兵器の更新は防衛問題ですから、本来なら、議論の口火を切るのは防衛大臣の演説になるところです。しかしこの日、メイ首相は自ら冒頭の演説に立つことで、野党も党首の演説で受けて立つように仕向けました。

そもそもトライデントは2007年に更新が決定されているため、再検討の材料のない状態で、改めて議論する必要はありませんでした。そのため、キャメロン首相が今国会の所信表明に盛り込んだ時から、この議題は労働党の揺さぶりに使われると言われていました。メイ首相はそれを絶好のタイミングで使用したと言えるでしょう。この日の議論でも、労働党の反コービン派議員がメイ首相の演説に賛同したり、コービン党首を激しく批判する姿が見られました。(現在、コービン影の内閣では、英国唯一の核武装であるトライデントを代替する防衛再検討が進められており、将来、コービン労働党が政権を取った場合には再び 議論される可能性があります。)

これに対し、昨年の総選挙で議会第3党に躍進したスコットランド国民党は更新反対で一致しており、この日の議会でも何人もの議員が素晴らしい演説をしました。以下の速報本文は、その一つ、議会最年少のマーリ・ブラック議員による演説です。

昨年5月に、労働党の元閣僚を破って初当選したとき、ブラック議員は20歳、グラスゴー大学政治学科に在籍し、卒業試験の真っ最中でした。ソーシャリストである故トニー・ベン(労働党元閣僚)と故キーア・ハーディ(スコットランド社会主義者、初の労働党議員)に強く影響を受けたと述べており、将来の党首との呼び声も高い彼女の演説(§)は、ソーシャリズムに裏打ちされた明確な議論と血の通った語り口が特徴です。(注§: 末尾のリンクから、実際の演説の動画を視聴できます。)

彼女はまた、LGBT議員の1人でもあり、いつカムアウトしたかとの質問に「1度もインだったことがない(セクシュアリティを隠したことがない)」と答えています。スコットランド議会は主席閣僚(首相職にあたります)が女性であるばかりか、主要政党党首の過半数が女性であり、同じく過半数がLGBT というリベラルな政治風土で、そのような土壌だからこそ誕生した議員と言えるかもしれません。

藤澤みどり/TUP(前書き)、坂野正明/TUP(本文)
凡例: (原注) [訳注]

本文を読む

速報の一覧