RECENT ARTICLES

TUP速報994号 バーニー・サンダースの台頭

(2016年02月09日)

◎99%からの異議申し立てが始まっている


米民主党の大統領候補を選出するアイオワ州の党員集会で、本命と目されていたヒラリー・クリントン元国務長官に肉薄する善戦を見せたバーニー・サンダース上院議員。多くの日本人にとっては馴染みのない名前と顔であるサンダースは、自らを社会主義者と定義する。

ある元外交官は「社会主義なんてアメリカ人には絶対に受け入れられない思想のはず。ありえない。何が起きているのだろう」といぶかり、別の人は「大学学費無料など若者に迎合した政策が受けているのだろう。ドナルド・トランプと同じようなポピュリスト、ただしこちらは左側」と評した。

サンダースの支持者は確かに若い。アイオワ州党員集会の投票でも各種世論調査でも17歳〜30歳層では80%以上がサンダースを支持、年齢層を40歳まで広げてもクリントンをだいぶ上回る支持率を示している。

一見降ってわいたように見えるが、このバーニー・サンダースの台頭には、深く広く張り巡らされた根がある。社会主義的な政治思想の、アメリカという国の中での歴史的な深度と空間的な広がりについては本稿本編の「バーニー・サンダースの台頭」に詳しいが、その前に、この若年層が牽引する民主社会主義の勃興はアメリカ一国の現象ではない事を簡単にさらっておきたい。

2015年9月半ば、英国労働党の党首にジェレミー・コービンが得票率6割で選出された。コービンは議員歴33年のベテラン下院議員だが、常に党内最左派の一席を占め、ブレアとブラウンの提唱するニューレイバー「第三の道」には批判的であったために、一度も役職に就いたことがない万年平議員だった。

他の党首立候補予定者がすべてブレア派かブラウン派の閣僚経験者だったので、緊縮財政に反対する左派の党員の声を議論に反映するためにコービンは立候補を決意したものの、議員推薦がなかなか集まらず、規定数を達成したのは立候補届け締切2分前だったという。コービン自身も、「活発な議論があるべき」との理由で推薦人になった議員たちも、英国中だれ一人、彼が党首になるとは考えていなかった。

しかし党首選が始まると、テレビやラジオでの候補者ディベートを通じてみるみる支持が拡大、組合や地方支部が次々にコービン支持を表明した。これにあわてたニューレイバーの重鎮たちや、当初は泡沫候補として鼻にもかけなかった既製のマスメディアによる容赦ないバッシング・キャンペーンが始まったが(これは現在も続いている)、全国で行われたスピーキングツアーはどこも満員(3ヵ月の選挙期間中に99回実施)。党員数もうなぎ上りに増え、ニューレイバーに失望して党を去った元党員だけでなく、政治そのものに絶望していた若年層が彼に投票するために党員登録した。

左派論客のオーウェン・ジョーンズは、コービン現象について「左派の声を国政に反映する政党が必要だとわかっていたけれど、まだ自分たち英国の左派にはその準備ができていないと思っていた」と嬉しい誤算であったことを認めた。

また彼は、サンダースやコービンなど民主社会主義への若者の傾倒について「35歳以下の人間にとっては、1989年のベルリンの壁崩壊による共産主義の敗北よりも、08年のリーマン・ショックによるネオリベラリズムの失敗=過剰な資本主義の敗北のほうがより影響が大きい」と語る。ジョーンズ自身も31歳で、ちょうどこの年齢層にあたる(オーウェン・ジョーンズは、サッチャリズム以降の英国で行われた労働者階級の悪魔化についてのデビュー作『チャブス』と、英国の社会機構を牛耳る一握りのエリートを活写した第2作『エスタブリッシュメント』が共にベストセラーになり、左派言論界のジャスティン・ビーバーとも言われている)。

見渡せば、先進国のほとんどがリーマン・ショックの支払いに追われており、まず社会的弱者が、続いて昨日までの中流層が生活を切り詰めることでツケを払わされている。その一方で、大企業や大銀行は合併を繰り返して巨大化、富は十分に蓄積されているのにトリクルダウンはいつまでも起きない。古くて新しい問題、階級問題が顕在化しつつある。

草の根の自発的な運動による左派の台頭は各地に見られる。例えば、ギリシャでは反緊縮を掲げた急進左派連合シリザが政権に就き(1年に2度の選挙で)、スペインでは結党2年足らずの左派政党ポデモスが初めての国政選挙で69議席を獲得した。

急進左派が声を持つ国では、極右の台頭が押さえられる傾向も見られる。両者の、少なくとも一部は同じ人々で構成されている証左と言えるだろう。自分たちが得るべき権利と自由を取り戻すために、上に向かって戦いを挑むか、下に向かって拳を振り上げるかの違いのように思う。

ポデモスは、後にウォールストリート・オキュパイへと続く直接民主行動「15M(2011年5月15日から数カ月間にわたりスペイン全土で発生した大規模民衆示威行動、少なくとも650万人が参加)」に萌芽を持つ。15Mは、2009年に始まり当時も進行中だったアイスランド革命と、同じく進行中のアラブの春に刺激を受け、それらの根っこに2003年に世界中で起きたイラク戦反戦デモや1999年のシアトルWTO反対行動があると言われている。つながっているのだ、時間も空間も。

サンダースは大統領になれないかもしれない。しかし彼を支持する人々は、選挙のあともどこかに行ってしまうわけではない。誰が大統領になっても声を上げ続けるだろうし、エスタブリッシュメントも、もうその声を無視する事はできない。

以下に続く「バーニー・サンダースの台頭 米民主党と無党派先進左派の狭間」は、バーニー・サンダースについて、おそらくいま日本語で読めるもっとも包括的な記事と思われる。初出は『世界』2015年12月号。

(前書き:藤澤みどり 本文:宮前ゆかり)

本文を読む

TUP速報993号 反逆者の集い――スノウデンに会いに行く(3)

(2016年01月30日)

反逆者の集い

「スパナを放り込んで戦争マシンを止めることができる人は限られている。素手よりもわずかに多くを持つなら、君には特別な役割があるはずだ」

反戦の歴史家、故ハワード・ジンは常々「小さな反逆」を人々に説いていた。そして反逆する多くの人々とつながる喜びについても頻繁に語った。そんな時、ジンはいつもいたずらっ子のような笑い顔だった。

素手よりもわずかに多くを持つ反逆者、ダニエル・エルズバーグ、ジュリアン・アサンジ、エドワード・スノウデン。そして無名の内部告発者たちがジンの系譜を踏み、今、新しい歴史を綴っている。

彼ら内部告発者の支援団体「報道の自由基金(https://freedom.press)」の理事の一人であるジョン・キューザックは、ロシアに亡命しているスノウデンをエルズバーグと共に訪れるというアイデアを思いついた時、ふと、もう一人の反逆者を誘うことにした。子供のような好奇心で本質に切り込むアルンダティ・ロイだ。

エルズバーグ、キューザック、ロイ、スノウデン、アサンジ。笑いと涙が交錯するこの反逆者の集いの記録を読みながら、ジンのあの嬉しそうな顔が脳裏をかすめた。

キューザックによる記録を4回のシリーズで配信します。

(前書き:宮前ゆかり、翻訳:荒井雅子・宮前ゆかり/TUP)

本文を読む

TUP速報992号 反逆者の集い――スノウデンに会いに行く(2)

(2015年12月15日)

反逆者の集い

「スパナを放り込んで戦争マシンを止めることができる人は限られている。素手よりもわずかに多くを持つなら、君には特別な役割があるはずだ」

反戦の歴史家、故ハワード・ジンは常々「小さな反逆」を人々に説いていた。そして反逆する多くの人々とつながる喜びについても頻繁に語った。そんな時、ジンはいつもいたずらっ子のような笑い顔だった。

素手よりもわずかに多くを持つ反逆者、ダニエル・エルズバーグ、ジュリアン・アサンジ、エドワード・スノウデン。そして無名の内部告発者たちがジンの系譜を踏み、今、新しい歴史を綴っている。

彼ら内部告発者の支援団体「報道の自由基金(https://freedom.press)」の理事の一人であるジョン・キューザックは、ロシアに亡命しているスノウデンをエルズバーグと共に訪れるというアイデアを思いついた時、ふと、もう一人の反逆者を誘うことにした。子供のような好奇心で本質に切り込むアルンダティ・ロイだ。

エルズバーグ、キューザック、ロイ、スノウデン、アサンジ。笑いと涙が交錯するこの反逆者の集いの記録を読みながら、ジンのあの嬉しそうな顔が脳裏をかすめた。

キューザックによる記録を4回のシリーズで配信します。

(前書き:宮前ゆかり、翻訳:キム・クンミ/TUP)

本文を読む

速報の一覧